ヨガスタジオ FIVE ELEMENTSマタニティヨガセラピー

マタニティレポ_2020.0128

マタニティヨガセラピー 開催レポート 2020.1.28

こんにちは^^

ヨガスタジオFIVE ELEMENTSのAiです。

 

毎週火曜日の10:30-11:45のマタニティヨガセラピークラス 。

 

マタニティヨガセラピー ってどんなことするんだろう?

普通のマタニティヨガとどう違うの?

そんな疑問にこたえるべく、

クラスの様子をお伝えしていこうと思います。

 

 

82489640_1243036059417176_5062975613950754816_n

 

前半は今日のコンディションを伺いながら、

心・呼吸・体に意識を向け、

緩やかに体を動かしていきます。

 

後半は、リストラティブヨガによる休息の時間です。

 

リストラティブヨガでは、

身体を支えるために常に緊張している

抗重力筋の力が自然と抜けるように、

ブロック、ブランケット、アイピロー、

サンドバッグ、ボルスターなど、

プロップスと呼ばれる道具を使ってサポートしていきます。

 

 

それは、割れものを包装する時に

緩衝材を使って隙間を埋めていくようなイメージです。

 

 

夜寝る時、お布団に入ってプライベート空間で

リラックスして眠りにつきますが、

仰向け、うつ伏せ、横向け、どんな姿勢をとっても

実は完全に脱力することは難しいのです。

 

リストラティブヨガでは、

身体の各部位を解剖学的に正しい位置に近づけるため、

短時間でも良質な睡眠と同じくらいの

休息・回復効果が期待できます。

 

五感の刺激をなるべく落としていくため、

脳を深く休めることもできます。

 

 

椅子を使ったヨガなど安全面にも配慮し、

お一人お一人に快適に過ごしていただけるように、

クラスは少人数制としています。

 

81601746_569677537210452_6113817806199848960_n

 

今週は、39週の妊婦さんが初めて参加されました。

お仕事もプライベートもアクティブで、

なかなか予定が合わなかったけれど、

39週になってようやくこれたとのこと。

 

 

前日の夜は寝るのが遅くなり1時に寝たものの、

眠りが浅く4時に目が覚めた後は

もう寝付けなかったそうです。

 

クラスがスタートすると何度もあくびをされていました。

リストラティブヨガでは、

リラックスした心地よい時間が過ごせたようで、

参加して本当に良かったと喜んでくださいました。

 

体をサポートするためのプロップスを使っていく時、

位置や高さや素材が快適かどうかを

何度も確認させてもらいます。

 

この方は、あるポーズで腕の高さを調整している時に、

それだけで明らかに子宮の状態が変わるのを感じたそうです。

心地よい高さに腕を置くと子宮も心地よい状態になり、

ポーズを保つと胎動も変わったのだとか。

お腹の中の赤ちゃんが伸び伸びと動いている様子が

伝わってきたようです。

 

また、来られた時にはお顔が浮腫んでいたのが

終わった後はすっきりしていました。

自分でも、これまでに体験したことのない不思議な感覚で、

体の中の水が巡るような感じがしたそうです。

 

リストラティブヨガに慣れてこられた方は、

「ここをもう少しこうして欲しい」と

リクエストするのも上手になってきます。

 

誰でもあると思います、何となく我慢してしまうこと。

けれども本当にそれが好きで快適で心地良いことなのか?

ヨガセラピー の時間を通して自分の心と体に聞きます。

 

小さなことですが、

そうして自分に素直になっていくことは、

心と体の健康にとって最も大切なことであり、

妊娠出産子育てにおいては、

お母さん自身のためだけではなく、

赤ちゃんやまわりの全ての人の幸せにもつながっていきます。

 

マタニティヨガセラピー は、

赤ちゃんのためにするのではなく、

お母さん自身を癒すためにします。

それが結果的に赤ちゃんのためになります。

セルフコンパッション=自分に対する慈悲の心

がどんなに大切で周りの人にとっても良い影響を与えるものか、

妊娠中という大切な期間に実感してもらえますように。

 

 

次回のマタニティヨガセラピー クラスは、2/4(火)1030-11:45です。

ご予約はご予約のページからどうぞ。

スケジュールはカレンダーをご覧ください。
妊娠中の骨盤ケアに興味をお持ちの方は、

トコ助産院までお問い合わせくださいね。