ワークショップこれからのワークショップ

言葉ヨガbgトップ

9/1スタート 〜自分らしさを見つける〜 言葉のヨガワークショップ

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

〜自分らしさを見つける〜
言葉のヨガ ワークショップ

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

「言葉のヨガ ワークショップ」では、
自分の内側にある感情や思考を言語化することで、
本当の自分らしさを見つけていきます。

更に、その個性を社会に貢献できるものとして
育むためのアウトプットの練習をします。

私は、
ヨーガ療法やチャクラワークなどで
自己の内面を深く掘り下げることを繰り返すうちに、
子どもの頃からずっと苦手だった
文章での自己表現が得意に変わりました。

元々、控えめで目立たない存在で、
周りの人のサポートをするのが性に合っていました。
それは、洞察力があり感性が豊かな証拠だとも思います。

自分に対しても、周りからも、
繊細に様々なものをキャッチしています。

ただその分、
感じていることを言語化して
自分自身で認識するということがなかなかできずに、
内側で一致しない何かをずっと味わっていました。

それが、
ライティング講座で何度も学ぶうちに
内側にあるものを過不足なく
言葉で表現できるようになっていきました。

すると、頭の中の整理が自然にできるようになり、
感情も思考も安定していきました。

もし、こんな方がいらっしゃったら……..。

「自分の感情が自分でもよくわからない。」
「心にある想いを的確な言葉にして伝えられない。」
「自分らしさが人に理解してもらえないと感じる。」

自分らしさを見つけるヨガと
それを表現するためのライティングで、
皆でお互いに学び合っていきましょう!

●このワークショップでの目標

「自分が好きなことは何か?」
「何に価値を感じているか?」
「人生でやりたいことは何か?」
について、4ヶ月間かけてじっくりと向き合います。

ワークショップ終了時には、
それを題材として1200〜1500文字のミニエッセイを完成させます。

●各回の内容

[1日目] 土のelement
肉体・基盤・自衛本能

[2日目] 水のelement
感情・性的エネルギー・一対一の対人関係

[3日目] 火のelement
意志・自己実現・活力

[4日目] 風のelement
許し・共感・無条件の愛

講座では、各回のテーマに合わせた
アーサナ、プラーナーヤーマ、キールタン、瞑想など、
ヨガの実践とライティングの技術を身につけるワークを行います。

また、毎回テーマに合わせたライティングの課題を出します。
1ヶ月かけて自分のペースで向き合ってみましょう。

●日時
2018年
9月1日(土)14:00-17:00
10月13日(土)14:00-17:00
11月10日(土)14:00-17:00
12月1日(土)14:00-17:00

●場所
ヨガスタジオFIVE ELEMENTS
京都トコ会館3階

●持ち物
筆記用具(鉛筆かシャーペンと消しゴム)、動きやすい服装、ヨガマット(レンタル200円)

●費用
全4回 14,000円(税込)
チケット+1,500円(税込)

●最低開催人数
4名

●予約
予約フォームからお願いします
http://www.kenbisalon.jp/yoga/reserve.php

●講師

スクリーンショット 2018-07-17 10.44.34
Ai / 渡部愛

ヨガスタジオFIVE ELEMENTS代表

文章による自己表現や素敵な人の活動を紹介することが好き
現在マルマヨーガ・キールタンなどを中心に活動しながら
ヨガや音楽関係のイベントのオーガナイズも行なっている

HP:http://www.kenbisalon.jp/yoga/
Blog:http://s.ameblo.jp/kenbiyoga/

-------

2014年から約3年間にわたり竹林篤実先生のライティング講座で学びました。
竹林先生から教わったライティングのメソッドの中から講座に最適なものをセレクトしてお伝えします。
先生に承諾を得るために連絡させていただいたところ、下記のようなお返事をいただきとても感動しました。

-------

「うまく使ってもらえば、それが何よりです。
私の紹介は、していただかなくても良いですよ。
渡部さんが学んで、自分のものにされた内容は、渡部さんのオリジナルです。
学び方の極意とは、人に教えることです。
教えることができるレベルまで咀嚼された内容は、渡部さんのものなのです。
守破離の「離」ですね。
そして、教えたものからすれば、自分が教えた相手が「離」に達してくれることほど、喜ばしいことはありません。
感謝します。」

-------

私が受け取った素晴らしいものを皆さんにも役立てていただけたら私も幸せです。