トコ助産院研修会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

第9回 トコ助産院研修会 ~ぬん先生の 集客のためのゆるマーケティング講座~その➁

5月8日に開催した
第9回 トコ助産院研修会
ぬん先生の「集客のためのゆるマーケティング講座
レポートその➁をお届けします!

 

お昼ごはんを終えて
午後の部がスタートしました。

お腹いっぱい、そして眠くなる時間でもあり・・・(+_+)
そんな時には、眠気も吹っ飛ぶアイスブレイク!
ぬんさんが選んだのは…その名も「キャッチ」

やり方はこんな感じです。

左手の指を丸めて、筒を作ります。
右手は、人差し指を立てます。
二人組になって、相手の左手の筒に自分の右手の指を入れます。
自分の左手に、相手の人差し指が差し込まれている状態ですね。
「ずいずいずっころ橋」に似てる👇👆

ぬんさんが「キャッチ!」と言ったら
自分の左手は、相手の指が逃げないようにキャッチする
自分の右手は、相手の筒から逃げるように引き抜く、というものだったのですが!

「キャッチ!」「キャッチ!」「キャット(=^・^=)」
急に違う号令が!
キャッチ以外に反応したら、負けなんですよ。

これが意外とむづかしいんです!
みんなで、きゃあきゃあ言いながら遊んでいたら、
初対面の方とも、これで一気に距離が縮まりました(´∀`)
そして眠気もスッキリ(@_@)

こういう、ちょっとした工夫で
会場の空気が一気に変わっていきます。

 

3.対象者を明確にして、そのニーズを考える

自分は、誰に寄り添っていきたいか?
何に焦点をあわせたサービスをするのか?
そこがはっきりすると、
サービスの内容も、広告もはっきりしてきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ぬんさんは
スター〇ックスと、ド〇ールを例に挙げて解説☕

この二つのお店は「コーヒーを売る」という
同じテーマを持っていますが…
細かく比べてみると、
入っているお客さんの感じも
商品やサービスの内容も
お店の雰囲気やパッケージのデザインも違います。

こんな風に違いが出るのは、
ターゲット」と「コンセプト」が違うから、なんですね。

なるほど~解りやすい。
この二つのお店が近い距離にあっても
それぞれ成り立っているのは
こうした住み分けが出来ているからなんですね( ..)φメモメモ

自分が助けたい人が何を求めていて
それに対して
自分の個性を生かしながら出来ることは何か?という風に考える。

そうすることで、
より自分を必要とする人と出会えそうな気がしてきますね!

 

4.出会いを増やす

自分の事を知ってもらう=出会うことが、集客の第一歩です。
その出会いの方法にもいろいろあります。
その中でも、ぬんさんのおススメは「WEB

これがね~・・・苦手(;^_^A という助産師さん、いますよね!
実は私もその一人(>_<)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

WEBといわれるものの中にも、種類があって
それぞれに特徴があるんですね。

facebook、Instagram、ブログ、ホームページ、メールマガジンなど
それぞれの役割を理解して、連動させて使うと効果的です。

そして、WEB検索で上位に表示されるためには
工夫とコツが必要なんですって。
ここもね~・・・苦手(;^_^A という助産師さん、いますよね!(2回目)

パソコン苦手な私でもわかるくらいに
しっかりかみ砕いてくれるのが、ぬん先生!

検索って、そんな仕組みになっていたのか( ゚Д゚)!
そういう技があったのか!
これならできるぞ、やってみよう!
・・・と、みんなスクリーンにかぶりつきです。

その他にも、
名刺やチラシを効果的に作ることで出会う確率が上がります。
そのためには、やはり自分のコンセプトが明確であることがポイント!

そこで、参加者の皆さんが持ち寄った、自分のチラシをみて
感想を伝え合います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自分がお客さんだったら
もっとこういう情報をのせてほしい!
大きく書いてくれたら分かりやすいな
この雰囲気は、素敵だね~好きだわ!
などなど、沢山の意見が飛び交います。

このような視点をもって、WEBや名刺、チラシをみることが
自分のコンセプトを見つめることにも
つながっていくのですね。

やはり、「お客様目線で考える」これが
全ての基本になっているのだな、と感じました。

 

ここで、ちょっと休憩です(´∀`)
今日のおやつはこれ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

欧風堂の、ワッフル💛
ふわっふわのパンケーキに、素朴で懐かしいカスタードクリーム。
おいしいんですよ~これが。
トコ助産院イチ押しのワッフルです。

休憩が終わると、研修会もいよいよ終盤を迎えます。

 

5.自分らしい未来をつくる

最後に、ぬんさんはこのように締めくくられました。

逆算してみましょう。
10年後になりたい自分を思い浮かべてみてください。
その自分にあって、今の自分にないものが、今やるべきことです

 

その言葉を聞いた時に思いました。
「今ここにいる人たちは、みんな夢を持っている。
その夢に向かって、自分に足りないものは何か?を考えていたから
ぬん先生と出会うことができたんだ!」

なりたい自分をよりくっきりとイメージする。
そのために、より深く自分と向き合うこと。
そして、自分だから出来ることを確立して人を助ける。
マーケティングとは、自分を知ることであり、人を助けることでもありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

たくさんの気づきと知恵を与えてくださったぬん先生。
そして、学びをシェアしてくださった皆様。
研修会の発起人である信子先生。

本当にありがとうございました。

自分にできることから、やってみます。
10年後には、この学びをたくさんの人に
お返ししている自分を思い浮かべながら!(^^)!